靴下と靴選びは水虫対策に重要

通気性のある靴下やくつはとても大切です。
なぜ通気性のある靴下やくつが大切なのかというと、風通しや通気性が悪い靴下や靴をつかってしまいかかとなどに水虫ができてしまうからです。
水虫は通気性のあるものが好みではなく、逆に通気性の悪い、じめじめした環境などを好みます。通気性がよくない靴
例えば夏場や梅雨時、または春などに急に水虫の患者さんが増加するのは、このような背景があるからです。
かかとに水虫が出来てしまった場合には、かゆみなども酷く、また女性であれば、サンダルなど足の出るくつなどを履くことができません。
水虫が目立ってしまうためです。

このように、かかとに水虫が出来てしまった場合には、すみやかに治さなければなりません。
方法としては、抗真菌の薬を使うことで、治療をおこなうことができます。
例えば、薬局で販売されている水虫の薬、あれも抗真菌の薬であり、水虫には絶大な効果があります。
かかと水虫の場合には、かりかりとした感じもあり、特に目立ってしまうため、出来る限り治療を早く、そして履いている靴下などが通気性のしっかりしたものであるかどうか、確認を行いましょう。
せっかく抗真菌の薬を使って、水虫を撃退しても、通気性が悪い靴下や靴を履き続けてしまうと、なかなか治りづらく、同時に、治ったとしても、また再発してしまいやすいからです。
そのため、通気性のある靴下やくつはとても大切であり、可能な限り交互にくつは履き替えるようにし、こまめな洗濯が大切です。
それと同時に、水虫はじめじめが好きなので、しっかりと乾燥していない生乾きの状態だと、湿気状態となってしまっているため、しっかりと乾燥することも忘れないでください。