足裏のひび割れを治療する方法とは

ひび割れたかかと足の裏に気づくと、大きなひび割れができていることがあります。
そのような場合、足を使いすぎて、足にひび割れが出来てしまったのかな?と考える人もおられますが、実は足の裏のひび割れは水虫である可能性があります。
必ずしも、足の裏にひび割れがあるからといって、水虫であり、抗真菌薬を使う必要性はありませんが、原因として、水虫である、という可能性も大きくあります。
足の裏のひび割れは、ただ、皮が厚くなっただけ、という状態の方もおられれば、逆に気づかなかったけれど、水虫であった、というケースがあるのです。
その場合には、皮膚科、出来れば皮膚科の専門医の先生に診察をお願いすれば、丁寧に対処をおこなってくれます。

まず、水虫であるかどうかのチェックとして、抗真菌の薬を処方する前に、ひび割れ部分を少し削り落とし、顕微鏡で検査を行います。
実際、水虫であれば、水虫用の抗真菌薬を処方してくれますが、検査の結果、ただの足の裏のひび割れ、足の裏が厚くなり、その結果として割れてしまった、ということもあるため、水虫だと思い込み、薬局などで抗真菌薬の水虫の薬を塗っても、ただの割れの場合には、何の効果もありません。

もし、水虫であることが確定した場合には、対処として、抗真菌の薬を塗り、様子をみます。
また、状態によっては、何度か皮膚科で診察及び、薬の処方がされ、対処をおこなってくれます。
水虫はこのような対処方法によって、じょじょによくなっていき、また、水虫がなくなっていけば、水虫であった場合のひび割れは消えていきます。
きれいなつるつるした状態の足裏になるため、安心してサンダルやミュールなどを履ける状態となるくらいまで改善されます。